皆さんこんにちは! 今年も暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
劇団月光斜では、夏休み企画といたしまして卒業公演(10/24~26)に向けて、卒団生である4回生の対談を実施します! 2016年度夏公演『ポラリス』から2018年度冬公演『四畳半神話大系』までを振り返ります。更新は週に2度、月曜日と木曜日を予定しておりますので是非お楽しみください。

卒業公演直前・4回生対談企画

第1弾は2016年度夏公演『ポラリス』です。
話をしてくれるのはシリウスバージョンでイータを演じた浪駆音白飛とスピカバージョンで同じくイータを演じた熊五朗。ダブルキャストの本公演で同じ役を演じた2人からは
どんな話が飛び出すのでしょうか。

浪駆音白飛(ろっくおんつばさ)
舞台班4回生。
『ポラリス』で入団。同作品のシリウスver.でイータ役を務める。また、他の出演作品には『ダブリンの鐘つきカビ人間』カビ人間役や『ガーネットオペラ』明智光秀役など。2018年度には座長を務めあげた。
斑目熊五朗(まだらめくまごろう)
照明班4回生。
同じく『ポラリス』で入団。同作品のスピカver.でイータ役を務める。他の出演作品は『黒いハンカチーフ』牛島役や『ガーネットオペラ』ルイス・フロイス役など。2018年には副座長を務める。

『ポラリス』あらすじ
キラキラ輝く、銀河の世界。
ここには、星たちが運行する“銀河鉄道”が走っています。
その列車は、あなたが行くべきところへと導いてくれるそう……。

——さて、星がいちばん輝く今夜も、お客様がやってきました。
たくさんの想いと切符を握りしめて、
いざ、星空を駆け巡る旅へ。

編集部
編集部
4回生対談企画第1弾『ポラリス』です。もうお好きに話していただいていいですよ(笑)
えー(笑)3年も前のことだからなあ。
白飛
白飛
熊五朗
熊五朗
あんまり覚えてない(笑)先輩が全部してくれたからなあ。
でも正直、俺なんで演劇してるんだろう?
白飛
白飛
熊五朗
熊五朗
え、4年もやってきて?(笑)でもまあ、確かに落語研究会さんとかにいそうだもんな。
なんか……調子乗り丸だっただけかもしれない。
白飛
白飛
熊五朗
熊五朗
調子乗り丸(笑)
そもそも俺が役者やったのは単純にかっこいいなと思ったんだけど、最初俺には無理だろうと思った。でも大学入学する前にライオンキング見て。
白飛
白飛
熊五朗
熊五朗
ライオンキングか。
それで子役の子が頑張ってたから、俺にできないわけがないと思ったんだよね。そんで月光斜観て、すげえかっこよかったから入った。
白飛
白飛
熊五朗
熊五朗
それは調子乗ってるな(笑)でもさ、今ってただ楽しいかって言ったら違うじゃん。
そんなこと言って(編集に)怒られない?
白飛
白飛
熊五朗
熊五朗
怒られるかも(笑)でも演劇やるって楽しいことばっかりじゃないんだよ。初めてやることばかりだしなりたくなくても先輩になるし、覚えなきゃいけないことがたくさんあるとか自分がしっかりしなきゃとか。
確かになあ……。でも俺の部署は後輩がよく育ってるからあんま考えたことないかも。
白飛
白飛
熊五朗
熊五朗
俺の部署が育ってないみたいな言い方やめろよ!(笑)舞台と照明じゃ性質が違いすぎるからね。うちの後輩も優秀だから。まあ、でさ。演劇見るときもただ楽しいなあとかじゃなくて照明とか見ちゃうの。
え~。俺は役者見ちゃうな。
白飛
白飛
熊五朗
熊五朗
照明に囚われている……(笑)ポラリスなあ。
えー、どんなシーンがあったっけ。
白飛
白飛
熊五朗
熊五朗
銀河鉄道の車掌の話なのは覚えてる、さすがに。俺(イータ)が新人のアルルッカ(主人公)をいじめてるところから始まる(笑)
あっ、そうだそうだ。で、同期のデネボラに怒られる。車掌長、リゲルって立派な名前があったのに結局作中で登場しないし。
白飛
白飛
熊五朗
熊五朗
たしかに。ずっと「車掌長」って呼んでたな。そう、それでカンパネルラが乗ってくるんだよ、鉄道に。そんでジョバンニとはぐれたとか言う。
あ~~思い出してきたぞ。アルルッカは2人を思い出に残るような旅へ連れて行こうとするんだよな。
白飛
白飛
熊五郎
熊五郎
そうそう。で、その旅をプロデュースする中でアルルッカ自身も成長するみたいな話。
すげえよな。よくやったよな。しかもさ、わかりやすいものじゃないじゃん。バトル物とかさ。誰が悪で誰が善とかじゃない。主人公が思い悩むっていう。一番俺的に苦手なタイプ。
白飛
白飛
熊五朗
熊五朗
ああ、苦手そう(笑)そういやさ、俺と白飛って全然違うからなんで同じ役なんだろう? とかって思わなかった?
思ってた! なんかお互いのチームカラーみたいなものが違ったんだろうけど……お互いの稽古を見るのは禁止でウォーミングアップとかでしかいっしょにならなかったからなあ。あ、でも、スピカはすげえ優しいなあって思うわ。みんなの声のトーンとかさ。
白飛
白飛
熊五朗
熊五朗
確かに立花とか。顔つきも優しいし。
こっちはなんかがやがやと。ベンチャー企業感があったかもね。なんかシリウスは若いよなぁ。今振り返るとそうなんだけどさ、当時ってそういうこと感じてた?
白飛
白飛
熊五朗
熊五朗
あー、言語化はできないけど、空気感違うのは感じてたかも。あの時は俺も癒し系(?)だったからな。ああ、あとうちは女子が2人いた(笑)
確かにそれもあるかも。スピカは主人公が女の子だったからね。うちは小鳥遊だけで。ちょいちょい男子のノリに困惑してた覚えがある。
白飛
白飛
熊五朗
熊五朗
そうそう。シリウスの演技見たのって千秋楽の直前だったからなあ。
俺たちは千秋楽のスピカを観に行ったんだけど、結構違って面白かった。
白飛
白飛
熊五朗
熊五朗
てか俺たち2人とも初めてだったんだよね役者。どうだった?
あ~~~~(長考)俺、ほんとよくわかんなかった。役者って。今だったらこのシーンでこういう役割があるとか、ああじゃあこう動くべきなのかなとか考えるけど、台詞しか見えなくてさ。
白飛
白飛
熊五朗
熊五朗
確かに。自分の中で基準がなかったから特にわからなかった。どうしたらいいんだろうみたいな。
そう、だからさ、たまにプロの演劇とかでミュージシャンが初めて舞台に立つみたいな人いるじゃん。(それを見て)うまっ、みたいな。
白飛
白飛
熊五朗
熊五朗
あー。ああいう人たちって表現力あるしな。すごいよなあ。
うん、まとめると、やっぱりいろいろ分からなかった(笑)
白飛
白飛
熊五朗
熊五朗
わかるわかる。この公演が一番楽しかったな。先輩におんぶにだっこで。
おんぶにだっこなことも気づかなかったよね。
白飛
白飛
熊五朗
熊五朗
今考えるとさ、役者(1回生8人に対して先輩が)2人ってすごいよな。
すげえよな。 10人の役者が殆ど1回生って大変だっただろうな。
白飛
白飛
熊五朗
熊五朗
うん、先輩のおかげで楽しかった。
でもやっぱ、ポラリスの時の楽しいと、今演劇やる楽しいは全然違うな。
白飛
白飛
熊五朗
熊五朗
今はもう達成感とかだなあ。
俺は達成感というより「わ~美しいこの表現」とか、「今いいの出たな自分」とかかな。
白飛
白飛
熊五朗
熊五朗
ちょっとわかるかも。照明のこともわかるようになったし、また楽しみが増えたなって感じ。
ね。最初は全然わからなかったけど、それが逆に続ける原動力になったよね。
白飛
白飛
熊五朗
熊五朗
ああ、そうかもしれない。
今わかったかって言うとまた別の話だけど(笑)
白飛
白飛
編集部
編集部
じゃあまだまだ演劇を続けなければなりませんね!(笑)卒業公演も楽しみです。お二人とも、本日はありがとうございました。
第2弾は8/12更新予定。
2016年度卒業公演『空雲の白雪姫』に出演した小鳥遊透とA2の対談をお送りします。