皆さんこんにちは! 今年も暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
劇団月光斜では、夏休み企画といたしまして卒業公演(10/24~26)に向けて、卒団生である4回生の対談を実施します! 2016年度夏公演『ポラリス』から2018年度冬公演『四畳半神話大系』までを振り返ります。更新は週に2度、月曜日と木曜日を予定しておりますので是非お楽しみください。

卒業公演直前・4回生対談企画

第二弾は2016年度卒業公演『空雲の白雪姫』です。
話をしてくれるのは物語のキーマンとなる「少女」を演じた小鳥遊透と
アンサンブルとして貢献したA2。
月光斜の公演において1〜4回生全てが参加できる唯一の公演、卒業公演。そこで役者として参加した中でどのようなことを感じていたのか、赤裸々に語り合っていただきます。

小鳥遊透(たかなしとおる)
宣伝美術部、振付班4回生。
初参加の公演『ポラリス』にてデネボラ役を演じ、その後役者やダンスの制作、指導など様々な形で月光斜を支えてきた。『ダブリンの鐘つきカビ人間』天使役、『ガーネットオペラ』真田幸村役などその役幅は多岐にわたる。
A2(えーつー)
情報宣伝部4回生。
初参加の公演『ポラリス』にてスタッフとして広報に尽力した。『ガーネットオペラ』木下藤吉郎役、『四畳半神話大系』小津役など愛嬌のあるキャラを得意とする。

『空雲の白雪姫』あらすじ
とある森にそびえる空雲城
「白雪は、あなたの地位を脅かす存在となるでしょう」
彼女を妬む黒雨の策略により 白雪は森で深い眠りにつく
……はずでした

そこに迷い込んだのは嘘で世渡る一人の男
「あなたは道に迷っているのですか?」
「迷ってねえよ!」

二人の出会いが流れを大きく変えていく――

編集部
編集部
今回お二人には『空雲の白雪姫』について話していただきます。公演中に考えていたことや印象に残っているシーンなどを教えていただきたいです!
空雲かぁ〜。
小鳥遊
小鳥遊
A2
A2
正直な、あんまり覚えてへん(笑)
こら(笑)
小鳥遊
小鳥遊
A2
A2
小鳥遊にとってはどんな公演だった?
私は少女っていう物語のキーマンをやらせてもらえたってのは大きかったな。今後の役者としての心持ちとして色々学ばせてもらってさ。
小鳥遊
小鳥遊
A2
A2
あー、なるほどな。
特に私と菊乃お姉ちゃんとの一連の場面が印象に残ってるかな。
小鳥遊
小鳥遊
A2
A2
うんうん。
死んで尚森に留まる少女の理由が「たった1人のお姉ちゃんを助けるため」だったと思うと、彼女のひとりきりの戦いとか、苦しさとか、決意が見えて。
小鳥遊
小鳥遊
A2
A2
そうやったんや。
うん、覚えてねーな?(呆れ)
小鳥遊
小鳥遊
A2
A2
逆にようそんな覚えてんな(笑)
めちゃ泣けるシーンなのに。
ひとりだった菊乃お姉ちゃんが、黒雨から解放されて、仲間が出来て背中を預けあって。
小鳥遊
小鳥遊
A2
A2
あーでも確かにああいう悲しい過去を持った人間がどうにか前を向いてくれるのは嬉しいよな。
編集部
編集部
当時の先輩方についてはどうですか?
A2
A2
なんかな、俺は先輩方にまだ噛み付けるレベルになかったっていうか、自分の小ささの中でもだえ苦しんだって感じ。
あー。
小鳥遊
小鳥遊
A2
A2
対等にぶつかりあって苦しんだというよりは、上が高すぎた。
それはあるかも。
小鳥遊
小鳥遊
A2
A2
俺らはそもそも夏公演の次で入って2回目の公演だったから、今自分がどんだけすごい現場にいたのかわかってなかったな。話には聞いてるけど実感としてつかめへんなっていう感じやったかな。
たしかに、先輩方に萎縮して始まっちゃったところはあった。どれぐらい厳しいんだろうとかね。
小鳥遊
小鳥遊
A2
A2
案の定すごかったな。それこそ舞台に立つ時の配置とか全部作られたわ、お前こうやれって。色々お世話してもらったなぁ。結局全部逆らったけど(笑)
でも逆らえるのはすごいよね(笑)
小鳥遊
小鳥遊
A2
A2
だから「悔しさ」っていうのが俺の原点になってるかも知れん。それこそ一個上の先輩がえげつないスピードでスターダムにのし上がってんなって。
確かに。私もちょっと悔しい気持ちはあったな。
小鳥遊
小鳥遊
A2
A2
うーん、やっぱ一個上の活躍は特に刺激でしかなかった。
うん。月光斜で役者をやる上では大きな一歩になったかな。
小鳥遊
小鳥遊
A2
A2
大きいなぁ。
編集部
編集部
一つ上の先輩へのライバル心が2人の成長のきっかけになっていたんですね。では4回生に対してはどのような気持ちを抱いていましたか?
A2
A2
4回生かぁ。
私ね、言いたいことはっきり言うって思われがちなんだけど、長いものに巻かれるタイプだから、4回生の言うことを鵜呑みにしてたなって思う。すごい人たちだなって思ってたからこそ萎縮もしてたし。
小鳥遊
小鳥遊
A2
A2
難しいなぁーそこは(笑)でもえげつないリスペクトはしてたな。そん時役者やってた4回生3人見て「自分が4回生として帰ってくる時こういう存在感になれるんかなー」みたいな。
あーわかるわかる。
小鳥遊
小鳥遊
A2
A2
んでもって、唯一無二やん。3人とも。俺はそれに圧倒された感じかな。
なるほどね。でもそれでいうとA2はさ、ある意味そこは達成できたんじゃない?
小鳥遊
小鳥遊
A2
A2
そうか?
唯一無二というか、結局A2にしかできない役ってすごく多いなって私は思う。
小鳥遊
小鳥遊
A2
A2
うーん、なるべくしてなっちゃった気もする(笑)
そうだね(笑)私は逆にオールラウンダーな役者になりたいと思ってやってたな。だけどそこに自分の味がある、みたいな。
小鳥遊
小鳥遊
A2
A2
あー、当時の3回生そんなイメージやな。
いっぱい学ぶべき先輩がいたよね。
小鳥遊
小鳥遊
A2
A2
優秀やったなぁー。
なんかまるで私らが優秀じゃないみたいな。
小鳥遊
小鳥遊
A2
A2
いや思い出には勝てんって(笑)
確かにね(笑)。でもそのおかげで私は空雲が「ここが私の目指すべきところ」って思えたな。
小鳥遊
小鳥遊
A2
A2
そうねぇ。でも俺は逆に価値観どんどん変わっていってる。
へぇー。
小鳥遊
小鳥遊
A2
A2
なんか、公演を成功させる意味とか俺らなりに考えまくってきた代やと思うねん。だからその経験とか思いを後輩たちが感覚的にわかるくらい熱を出していきたいかな。
編集部
編集部
2人が卒業公演でどう活躍していくのか、楽しみです。本日はありがとうございました!
第3弾は8/15更新予定。
2016年度冬公演『遠ざかるネバーランド』に役者として出演したのぶながと湊月色、
スタッフとして尽力したカンノ桜空の対談をお送りします。