皆さんこんにちは! 今年も暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
劇団月光斜では、夏休み企画といたしまして卒業公演(10/24~26)に向けて、卒団生である4回生の対談を実施します! 2016年度夏公演『ポラリス』から2018年度冬公演『四畳半神話大系』までを振り返ります。更新は週に2度、月曜日と木曜日を予定しておりますので是非お楽しみください。

卒業公演直前・4回生対談企画
第4弾は2016年度プロデュース公演『猫と針』です。
今回話してくれるのは、『ポラリス』以来2度目の登場となる斑目熊五朗と、初の対談となるおしず。です。
プロデュース公演は、年4回の本公演とは別に、その代の有志が希望して打つ公演です。また、冬公演で3回生が引退し、代替わりした月光斜が臨む最初の公演でもあります。当時1回生だった彼らはどんな思いでこの公演に取り組んでいたのでしょうか?少し照れながらも、楽しんで話してくれました!

斑目熊五朗(まだらめくまごろう)
照明班4回生。
同じく『ポラリス』で入団。同作品のスピカver.でイータ役を務める。他の出演作品は『黒いハンカチーフ』牛島役や『ガーネットオペラ』ルイス・フロイス役など。2018年には副座長を務める。
おしず。
音響効果班4回生。
2016年度冬公演『遠ざかるネバーランド』より入団。『猫と針』では、スズキカナコ役で、自身初となる役者を務める。その後も、『僕のポケットは星でいっぱい』キド役など、活躍は多岐に渡る。

『猫と針』あらすじ

人はその場にいない人の話をする

葬式帰りに集まった男女5人の同窓生。
和やかな雰囲気、久々の再会に話は尽きない。
──やがて、話題は15年前の“あの騒動”へ。

次第に場は様相を変え、不穏に回り始める。

編集部
編集部
4回生対談企画第4弾『猫と針』です。まずは振り返ってみて思うことはありますか?
熊五朗
熊五朗
えっと、『猫と針』だよねぇ……。
うん。
おしず。
おしず。

熊五朗
熊五朗
あれやん、(おしずを指し)初役者やん。どうだったの。

私が冬公演から入ったからさ、他のみんながもう経験を積んでる状態で。
おしず。
おしず。

熊五朗
熊五朗
そうだったね。
だから追いつきたい追いつきたいの精神で、稽古場にも一番最初にいるようにして(笑)
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
ええー、知らなかった。
でもそうだね、役者はー……インフルエンザとか(笑)
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
あったね、気づいたら役者が少なくなってるみたいな。
そうそう、役者が5人中4人倒れて稽古場に来れないっていう。
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
プロ公はいつもと勝手が違って、
稽古場が大学の外だったからさ。
きたせい(北青少年活動センター)だね。
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
役者はそっちにいたからスタッフには感染しなかったんだよ。
隔離(笑)
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
懐かしいね。
いやぁ、思えば『猫と針』はね、すごい好きな公演ですね。公演の成功とか失敗とは別に、単純にみんなと仲良くなれたから。やっと一員になれたかな?って(笑)
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
俺はね、ひたすら自分の力不足を嘆いてたよ(笑)
そうなんだ。
私は自分が力不足かどうかすら気づけなかったなぁ。
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
んー。初チーフでね、そのときに自部署の先輩がいないのって怖いんだよ。機材が借りられないってトラブルもあったり……。その上で少ない照明機材でどう表現するんだって悩んだなぁ。
先輩の大きさ知るよね……。
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
ああでも、『猫と針』は同期の長所短所とか知れた公演でもあったよ、公演の参加人数が少ないのもあって、よく喋ったし。
そうなんだ、例えば?
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
A2はその時から「やりたい!やりたい!」って行動するタイプで、湊月色は倒れるんじゃないかってくらい頑張り屋だったり。ああ、白飛はね、こいつが座長になるんだろうなぁって。
その時から思ってたんだ!
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
なんとなくね(笑) あとおしずはね、性格いいなあって。
ほんまですかぁ……。いやもう、そう言って頂けるだけで……。
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
恥ずかしいんだけど(笑)清涼剤みたいな面があってさ、何というか、辛いときとかに「おしず~」って話しに行けるみたいな。助かってる人多いと思うよ。
いやぁ、恥ずかしいですねぇ(笑)
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
思えば、プロ公で同期のことをよく知れたのは、上回生になってからも助けになったなって思う。
編集部
編集部
では次に、『猫と針』は普段月光斜が得意としている作風とは違う点として、現代劇であることや、会話劇であることが挙げられますが、その中で苦労があれば教えてください。
確かにこれまでとは違ったね。
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
動きの大きさじゃなくて言葉で伝えなきゃいけないタイプだなぁっていうのが最初の印象だった。
その上で苦労かぁ。
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
照明はやっぱり変化をつけづらかったな、現代劇なのもあって。打ち上げで色々と先輩に意見を貰って……勉強したいなって。
そうなんだ。
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
でも、俺は今得意なのは現代劇だと思ってる。『ピルグリム』(2018年度新入生歓迎公演)が照明的に上手くいったと思ってるんだけど、きっと『猫と針』の経験が繋がったんだろうなって。
あの頃の想いが昇華されたって感じだね。
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
おしずは?
会話劇だったからね、役者としては台詞量が……(苦笑)
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
上演時間どれくらいだっけ。
1時間半くらいあって(笑)それを役者5人で回すから。
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
長台詞とか多かったもんね。
そうそう、抑揚とかつけ辛かったなぁ。会話とか……。演劇難しいなぁと思いましたよね……。
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
じゃあ逆にここが上手くいったと思うところはある?
いやもう、正直言って役者も部署の仕事も必死に食らいついていくので精一杯だったな……。熊五朗は?
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
力不足は本当に感じるけど、言葉を大事にする芝居なのもあって、役者に注目を集める照明は作れたのかなと。
おお〜。でも、お互い苦しんだね(笑)
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
プロ公ってそういうもんだと思う。
編集部
編集部
では最後に、ここまでの対談を踏まえて『猫と針』やプロデュース公演全体について伺ってもよろしいでしょうか。
ん~……。
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
たぶん、ほとんど唯一、あのメンバーでもう一回やりたいなって思える公演は、『猫と針』だけかもしれない。
あ~、わかるかも!
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
あのときの実力じゃないやつを、もう一回ね。
うわ~、わかりみが!深い!「もっとできた」って思いもずっとあるもんね。
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
おしずはどう?
そうだなぁ……。でもやっぱり、プロ公は新歓前に色々試せる場だしね、ぜひ今後も、やってほしいと思います!
おしず。
おしず。
熊五朗
熊五朗
そうだね。
以上です!(笑)
おしず。
おしず。
編集部
編集部
2人のプロデュース公演らしい思いや悩みが伝わる対談でしたね。ありがとうございました!
第5弾は8/22更新予定。
2017年度新入生歓迎公演『ダブリンの鐘つきカビ人間』に役者として出演した浪駆音白飛と立花じーたの対談をお送りします。