皆さんこんにちは! 今年も暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
劇団月光斜では、夏休み企画といたしまして卒業公演(10/24~26)に向けて、卒団生である4回生の対談を実施します! 2016年度夏公演『ポラリス』から2018年度冬公演『四畳半神話大系』までを振り返ります。更新は週に2度、月曜日と木曜日を予定しておりますので是非お楽しみください。
卒業公演直前・4回生対談企画

第7弾は2017年度冬公演『黒いハンカチーフ』です。
話をしてくれるのは、音響効果班・音響オペレーターを務めたおしず。と、制作部として貢献した柿原律です。

当時2回生だった彼女たち。この冬公演で先輩方が引退した後は、最高学年として劇団をひっぱる立場となります。裏方を務めあげた2人に、スタッフならではの目線で語ってもらいました。

おしず
おしず。
音響効果班4回生。
2016年度冬公演『遠ざかるネバーランド』より入団。『猫と針』では、スズキカナコ役で、自身初となる役者を務める。その後も、『僕のポケットは星でいっぱい』キド役など、活躍は多岐に渡る。
柿原 律(かきはら りつ)
制作部4回生。
2016年度夏公演『ポラリス』より入団。『黒いハンカチーフ』では制作部として活躍する。他に『ピルグリム』『四畳半神話大系』などで制作チーフを務めた。

『黒いハンカチーフ』あらすじ

昭和32年、新宿で1人の娼婦が殺された。

伝説の詐欺師を父に持つ医師・日根は、
死んだ彼女の仲間たちに頼まれ、最初で最後の詐欺を仕掛ける。
ターゲットは事件に絡む、”大物政治家”だった───

「黒いハンカチーフ拾った。落とし主の連絡を乞う。」
日根が送ったのは、ある昔馴染みたちへの合図。

この勝負(ヤマ)は日本を揺るがすのか、それとも闇に消えるのか!?

編集部
編集部
それでは対談を始めたいと思います!まず、2人は『黒いハンカチーフ』にどんな思いで取り組みましたか?
おしず。
おしず。
1つ前の卒業公演が中止になったことで、お客様の期待に応えられなかった、そして卒団生である4回生に悔しい思いをさせてしまったというのは大きかったな。
その次の冬公演『黒いハンカチーフ』は、当時の3回生、つまり私達より1つ上の代が引退する公演ではあったけれど、先輩方の思いには引退公演以上の重みがあったね。
柿原
柿原
おしず。
おしず。
確かに、ただの公演じゃなかった。
公演に向けた動き出しも早かったし、気合が全然違ったな。
柿原
柿原
おしず。
おしず。
「お客様の信頼を取り戻したい」「先輩方に卒業公演をさせてあげられなかった」「今度こそは絶対成功させなきゃいけない」っていう思いが色んな人の中に強くあったね。
おしず個人としてはどうだった?
柿原
柿原
おしず。
おしず。
「裏方として参加した『黒いハンカチーフ』は、今まで以上に自分ができることや関われることをしっかりやらなきゃな、と思えた。
私は、どちらかといえば制作部への思い入れが強かったな。1つ上の、当時の3回生が引退するっていう。お2人は、1人が前に出てみんなを引っ張る、もう1人はそれをサポートする縁の下の力持ちみたいな。どちらもなくてはならない存在。
柿原
柿原
おしず。
おしず。
バランス良かったよね。
そんな2人の後を継ぐ制作チーフを育てるために、私と当時1回生のアカイトヲコで協力しながら回してた。次の新歓公演では私がチーフをすることが決まってたから、それに向けてこの冬公演ではチーフ補佐をしたよ。
柿原
柿原
編集部
編集部
いつもより一層強い思いを抱えて冬公演に臨んだんですね。では、『黒いハンカチーフ』でここがよかった!ということはありますか?
集客数が伸びたことかな。高めに目標を設定したけど、あと1人まで迫る結果になったよ。
柿原
柿原
おしず。
おしず。
惜しかったよね〜!
編集部
編集部
うまくいった理由は何だと思いますか?
企画広報部の宣伝力がレベルアップしてたことが理由だと思う。外部の団体に宣伝に行ったり、今までうまく結果が見えなかったことを、改めてやってみたり。新しい企画も色々やったよ。
柿原
柿原
おしず。
おしず。
「ふらっと企画」(大学生協書店「ふらっと」とのコラボ企画)がそうだよね。
ふらっと企画は今も続いてるね。企画広報にアイデアを出してくれる人がたくさんいたな。あと「喫茶ひとみ企画」かな。昼の公演に来場すると、衣笠キャンパス南門付近にある「喫茶ひとみ」さんのドリンク券が貰える企画。
柿原
柿原
おしず。
おしず。
そういえばあったねー!ひとみさんのランチ美味しいよね(笑)本当に色々頑張ってたね。
集客数は何が結果に繋がるかわかりづらいから、難しいんだよね。それと、宣伝美術部の話になるけど、ビラが新聞みたいになってた。
柿原
柿原
おしず。
おしず。
あのビラはなんか新しかったね。
劇中で「黒いハンカチーフ拾った。落とし主の連絡を乞う。」っていう新聞広告が登場するんだけど、その文面がビラに入ってるの。
柿原
柿原
おしず。
おしず。
物語とリンクしてるビラ、面白いよね。遊び心あって、つい立ち止まって読んじゃう。
編集部
編集部
培った企画広報の力が発揮された公演なんですね。おしず。は舞台効果のスタッフとして、印象に残ったことはありますか?
おしず。
おしず。
何といっても、月光斜に入って初めて私の提案したオープニング曲(以下、OP)が採用されたこと!
劇中の音楽は音効班が探して、会議で演出に選んでもらうんだ。OPは音響効果班の花形だから、決まった時は本当に嬉しかったな〜。
『黒いハンカチーフ』のOP、めっちゃよかったね。キャストが順番に登場するんだけど、主役の日根先生(演:如月ハジメ)が去る瞬間に照明がパッと点くんだよね。白衣に映えてかっこよかった!!ドラマのOPみたいで。
柿原
柿原
おしず。
おしず。
やっぱりOPって、公演に参加した人の記憶に残るよね。
本番週に音響チェックしてる時とか、何度も流れるし。一番聴くから一番覚えるよね。
柿原
柿原
おしず。
おしず。
役者はダンス覚えるためにもめっちゃ聴くし。
照明もOPが一番派手だもんね。企画広報の人も、曲が決まった直後はしばらく聴いてるよ。
柿原
柿原
おしず。
おしず。
そうなんだ!劇中曲で一番最初に決める曲だし、OPを基準にその他の音響が決まってくんだよね。本当に重要。
でも、選ばれるまでなかなか厳しくない?OP採用されたの入団して以来初めてだよね。
柿原
柿原
おしず。
おしず。
OPは特にね〜。演出の好みを把握しなきゃ厳しい(笑)他の曲もいつも先輩に取られてて、「絶対見返してやる!」って思ってた。それで、『ガーネットオペラ』(2018年度卒業公演)のOPは勝ち取ったよ。
え〜〜!すごいじゃん!
柿原
柿原
おしず。
おしず。
でも決まってからも、盛り上がるタイミングや速さを調整したり、複数の曲を繋げたりする作業が大変なの。本番週に変更がかかることも多いし。
すごく細かいことやってるんだね。
柿原
柿原
おしず。
おしず。
うん。楽器の種類や数とか、色々な指定があって難しい。これはもう経験がモノを言うわ。
そっかぁ。何公演も経験すれば耳が肥えるのかな?
柿原
柿原
おしず。
おしず。
かもね。役者の経験も役に立ったかも。シーンのどこで盛り上げたいとか、役者の動きに合わせて音を入れるとか。
そうなんだ〜。おしず。はこの公演でオペレーターもしてたけど、役者に合わせて音を入れるオペレーターって、難しそうだよね。
柿原
柿原
おしず。
おしず。
うん。曲を流してる間に効果音を入れたり、役者の声量によって音量を調節したり、微調整。1時間半とか2時間とかずっと気を張ってる。
微調整するの大変だなぁ〜。もう感覚だね。
柿原
柿原
おしず。
おしず。
めちゃくちゃ神経使うから、終わったらめっちゃチョコレート食べる。糖分大事(笑)
しかも立ちっぱなしだよね。私にはとてもできないわ〜〜。間違えてボタン触ったら鳴るでしょ。
柿原
柿原
おしず。
おしず。
うん。体力使うし、プレッシャーだね。こわい〜〜(笑)。柿原ちゃんは、制作でプレッシャーを感じることとかある?
プレッシャーとまではいかないけど、受付は最初のうちは緊張するかも。
接客の経験がない人は上がっちゃって「チケットはお持ちですか?」みたいな決まった言葉が出てこなくなっちゃう。
柿原
柿原
おしず。
おしず。
確かに、言葉とか細かい決まりがあるよね。慣れてないと固まっちゃいそう……
接客バイトの経験ある子でも、言葉遣いを直すことはあるかな。1回生の時に結構厳しく教えられたんだよね。
柿原
柿原
おしず。
おしず。
受付は最初にお客様を迎え入れるところだもんね。本当に重要だと思う。
だから、アンケートで受付が褒められてたらすっごく嬉しい!
柿原
柿原
おしず。
おしず。
あと、服装も色々決まりがあるよね。
うん。劇場に入りやすい印象になるように、毎回考えてる。清潔感を重視した服とか、和装芝居なら着物とか。
柿原
柿原
おしず。
おしず。
言葉遣いとか服装とかすごくお客様のことを考えてて、なんかサービス業に似てるね。
近いものがあるなぁ。私は月光斜で受付やってから、人と喋るのが楽しくなったんだよね。サービス業の人の気持ちがわかったような気がして、接客されるとき優しくしようと思えるようになった(笑)
柿原
柿原
おしず。
おしず。
そりゃよかった!(笑)
編集部
編集部
先輩の姿を見てきたからこその公演にかける思いや、なかなか聞けないディープな裏話など、盛りだくさんの対談でしたね。ありがとうございました!
第8弾は9/2更新予定。2018年度新入生歓迎公演『ピルグリム』より、主要な役を務めたA2と亀田るーぺの対談をお届けします。