皆さんこんにちは! 今年も暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
劇団月光斜では、夏休み企画といたしまして卒業公演(10/24~26)に向けて、卒団生である4回生の対談を実施します! 2016年度夏公演『ポラリス』から2018年度冬公演『四畳半神話大系』までを振り返ります。更新は週に2度、月曜日と木曜日を予定しておりますので是非お楽しみください。
卒業公演直前・4回生対談企画
第8弾は2018年度新入生歓迎公演『ピルグリム』です。
話をしてくれたのは、原隆三郎役とハラハラ役を務めたA2と、朝霧悦子役とグッド・モーニング役を務めた亀田るーぺです。この公演は先輩たちが引退し、最上回生となり最初に行った公演でした。
最上回生としての責任を感じながら難しい脚本に挑戦しました。そんな中、役者を務めた2人は何を考えながら公演に取り組んでいたのでしょうか。

A2(えーつー)
情報宣伝部4回生
初参加の公演『ポラリス』にてスタッフとして広報に尽力した。『ガーネットオペラ』木下藤吉郎役、『四畳半神話大系』小津役など愛嬌のあるキャラを得意とする。
亀田るーぺ(かめだるーぺ)
衣装小道具班4回生
『ポラリス』にて入団。『笑われガスター』のベルサーチ役や『四畳半神話大系』の老婆役など、様々な舞台で役者を務める。

『ピルグリム』あらすじ

人気が低迷し、連載の打ち切りに追い込まれた小説家・六本木実篤。
始めは抵抗するも、担当編集者の強い勧めを受け入れ
起死回生のラストチャンスを賭けて、長編小説の執筆を決意する。
作家人生の最後に書く作品は『オアシス』を目指す旅の物語。
六本木の描く世界は、次第に勢いを増していき、
やがて、現実とファンタジーの境界さえも曖昧になってゆく。

いつか傷付いたあなたと共に、『オアシス』を探す旅が始まる。

編集部
編集部
4回生対談企画第8弾!ということで今回は『ピルグリム』です。最上回生となって最初の公演でしたがいかがでしたか?
A2
A2
『ピルグリム』は本当に思い入れのある公演やな……。
同じく!自分の中ですごく成長した公演だったな。
亀田
亀田
A2
A2
そうやなー。
私は今までで一番セリフ量が多いし、メインの役だったから自分で考えて自由にやったかな。
亀田
亀田
A2
A2
最上回生になる時の覚悟はできてたつもりやったけど、実際は全然ちゃうかった。
役者と自分の部署の仕事をやるだけじゃなくて周りを見て動く名前はないけど大事な仕事がたくさんあるんやなって思ったね。
新歓公演(新入生歓迎公演)ってこの1年の方向性が決まる公演やと思ってるから脚本決めの段階からめちゃくちゃ悩んだよね。
亀田
亀田
A2
A2
話し合いの回数も多かった!
そうだねー!脚本が決まってからも「これでいいのか……?」って悩んだこともあったよね。
亀田
亀田
A2
A2
だからこそ思い入れが強かったのかも。
編集部
編集部
脚本が決まってからも脚本の解釈が難しいものでしたが、役者としてどうでしたか?
読み返せば読み返すほど新しい発見がある脚本だった!何回も発見があってぞくぞくしたな。
亀田
亀田
A2
A2
俺なんか役が短命族ってもはや人間じゃないからな!?
あの役はすごかった!(笑)
亀田
亀田
A2
A2
寿命が17か18歳の……赤ちゃんっていう……(笑)
A2の衣装はベビー服だったけどおしゃぶりとよだれかけつけてたもんね(笑)
亀田
亀田
A2
A2
そうそう(笑)俺の最初のシーンは(赤ちゃんとして)生まれて立ち上がっておしゃぶり外してしゃべり出す、やったからな。難しい脚本に加えて設定もむちゃくちゃやったから役者人生最大の壁やったな。
確かに設定もすごかった!
亀田
亀田
A2
A2
亀田も編集者とペンギンって二役やったやん。
そうだね-。二役やるからって意識はしてなかったかな。だからひとつずつ考えたよ。
編集者は自分の性格と近いものがあったから気持ちが分かるなってところがたくさんあったな。逆にペンギンは言ってることが深すぎて分からなかったから、現実に置き換えて役作りしてたよ。何歳でどういった人生を送ってたとか。
亀田
亀田
A2
A2
なるほどなー。
ペンギンのポーズとかもすっごい考えた!公演中の携帯の画像フォルダがペンギンでいっぱいになった(笑)
亀田
亀田
A2
A2
めちゃくちゃ勉強してるやん!(笑)
ダンスの振付並に自分の動きをつけてたなー。A2は?
亀田
亀田
A2
A2
俺は初めて舞台上で生まれるって経験と初めて舞台上で死ぬって経験をした!(笑)俺の人生が舞台上の2時間で完結するっていう(笑)
舞台上で死ぬことはあっても生まれるのは珍しいよね(笑)
亀田
亀田
A2
A2
そう!だからめちゃくちゃ悩んだ。
そうなんだ。
亀田
亀田
A2
A2
発言も意味分からんものが多かったんやけど、自分の人生に置き換えてみたら全部のセリフに納得がいった。そこにたどり着くまでにすごく時間がかかったなー。めっちゃ悩んだ。
みんな悩んでたもんね。
亀田
亀田
A2
A2
他の役者ともたくさん話したな。脚本を深めていくとこの話がすごく怖かった。
この話は共同体の話だったけどどの人間の共同体にも当てはまるから月光斜にも当てはまるんじゃないかって考えると怖かったなー。
亀田
亀田
A2
A2
ほんまにな。
編集部
編集部
脚本への様々な思いがたくさんあった公演でしたね。
この公演は新しい試みがあり舞台構造も変わっていましたが、実際に舞台に立ってみていかがでしたか?
A2
A2
初めての構造やった!
奥行きがめちゃくちゃ広くて舞台の使い方が違ったなー。今までと同じホール!?って思ったし、楽しかった。あと、真ん中に部屋があったよね?
亀田
亀田
A2
A2
あった!めっちゃ広かったなー。
広かったからこそ立ち位置とか意識したよね。
亀田
亀田
A2
A2
全体を使うってのがテーマやったな。広いスペースに役者が固まったらごちゃごちゃしちゃうから誰か階段に上るとか。
立ち位置で関係性が伝わるようにしてたかな。誰を見たらいいのかとか。
亀田
亀田
A2
A2
考えたねー。ちょっと細かいことやけど伝わってたらいいな。
そうだね。
亀田
亀田
編集部
編集部
脚本にも舞台にも役者の考えがたくさん詰まった公演でしたね!ありがとうございました!
第9弾は9/5更新予定。
2019年度夏公演『笑われガスター』でスタッフとして陰から支えた照明班の斑目熊五朗と情報宣伝部の立花じーたです。お楽しみに!