皆さんこんにちは! 今年も暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
劇団月光斜では、夏休み企画といたしまして卒業公演(10/24~26)に向けて、卒団生である4回生の対談を実施します! 2016年度夏公演『ポラリス』から2018年度冬公演『四畳半神話大系』までを振り返ります。更新は週に2度、月曜日と木曜日を予定しておりますので是非お楽しみください。

卒業公演直前・4回生対談企画
第9弾は2018年度夏公演『笑われガスター』です。
話してくれるのは照明チーフを務めた斑目熊五郎と情報宣伝部として公演を支えた立花じーたです。1回生が入団し新しい風が吹く中、スタッフとして活躍した2人は当時どういったことを感じていたのでしょうか。

斑目熊五朗(まだらめくまごろう)
照明班4回生。
同じく『ポラリス』で入団。同作品のスピカver.でイータ役を務める。他の出演作品は『黒いハンカチーフ』牛島役や『ガーネットオペラ』ルイス・フロイス役など。2018年には副座長を務める。
立花じーた(たちばなじーた)
情報宣伝部・Web班4回生。
同じく『ポラリス』で入団。同作品のスピカver.でリゲル役を務める。他の出演作品は『ダブリンの鐘つきカビ人間』ジジイ役、『ガーネットオペラ』アンサンブル。役者としてだけでなく、情報宣伝部としてもチーフを多く務めるなど精力的に活動した。

『笑われガスター』あらすじ

ガスターは、王国で 1番のコメディアン。

人々は毎日、彼の話を聞いて笑います。

高慢な貴族も悩める平民も、苦しい人も悲しい人も彼が口を開いたとたん、みんな笑顔になりました。光り輝く舞台の上で、割れんばかりの拍手を浴びて天才コメディアンが考えることは、ただ 1つ。

「……みんな、どうして笑ってるんだろ。」

今日もまた、たった 1人でステージに上がります。

編集部
編集部
今回は『笑われガスター』についてお話いただきたいです!
笑われガスター。・・・あんま覚えてない(笑)
熊五朗
熊五朗
立花
立花
(笑)。笑われガスターはなんか、俺が「We are ガスター」って言ってたイメージしかないんやけど。
は?
熊五朗
熊五朗
立花
立花
「われわれがすたー」。
(笑)
熊五朗
熊五朗
立花
立花
俺そんなイメージやわ(笑)
そんなこと言ってたんや(笑)。俺あんま企画広報のこと知らんかったのよな。1回生入ってちょっと人見知りしてたから。
熊五朗
熊五朗
立花
立花
ああ、そうねぇ(笑)
あれじゃん。夏公演のチーフって微妙にむずいじゃん。
熊五朗
熊五朗
立花
立花
うんうん。
教えながら、コミュニケーション取りながら、俺どっちも苦手だし(笑)
熊五朗
熊五朗
立花
立花
(笑)
いや、でも優秀な子が2人も入ったわ。
熊五朗
熊五朗
立花
立花
そうだね。いやうちの部署もねまじで優秀な人間入りましたよ。あんばら樹という。荒波真は舞台班に行っちゃったけど。
あ、そうだねそういえば。
熊五朗
熊五朗
立花
立花
うん。最上回生になって初めての夏公演。・・・なんだろうね、ガスター(笑)
俺は「僕のポケットは星でいっぱい」(2017年度夏公演)でもチーフやってたから気持ち的には俺は楽だった面はあったな。
熊五朗
熊五朗
立花
立花
あ、俺もそん時1人で後輩3人育てるということをやっていた(笑)
編集部
編集部
公演をやっていく上で意識していたことはありますか?
立花
立花
なんだろう。俺はガスターでは偉大渓谷潜(当時2回生)のサポートをしてあげようとは思ってた。彼がチーフだったから。
へぇー、あったかいね(笑)
熊五朗
熊五朗
立花
立花
情報宣伝部やから(笑)
俺は正直チーフとして公演を回すというよりは初小春(当時2回生)に仕事を教えようという気持ちが強かったな。
熊五朗
熊五朗
立花
立花
あぁ~。
夏公演は2回生がチーフやるほうがええやろと思って。でも最初は「やる?」って聞いても「う~ん・・・」って悩んでたけどね(笑)
熊五朗
熊五朗
立花
立花
(笑)
でもガスターは珍しく照明班4人もいて、全員が専属やったから余裕もってできたわ。
熊五朗
熊五朗
立花
立花
あ、そうやね。珍しかったね(笑)。んでする作業も割と後半に固まるやん照明って。
そうね。
熊五朗
熊五朗
立花
立花
だから期間中に舞台班の作業とかめっちゃやってた印象。
あーあれはね、舞台効果系のお仕事とかを教えるのと、部署間の交流もてるのが照明班としては大事なとこでもあるので。
熊五朗
熊五朗
立花
立花
へぇー。
なんだろ。仲良くないとさ、会議に行きにくいじゃん(笑)
熊五朗
熊五朗
立花
立花
そうね(笑)
あと単純に上になるにつれて、コミュニケーションが取れたらけっこうやりやすくなるから、行ってもらったりしてたな。
熊五朗
熊五朗
立花
立花
ふむふむ。
編集部
編集部
その後輩たちに対してお二人は今どう感じていますか?
立花
立花
あー。とりあえず荒波真はいま舞台班に行っちゃったから置いといて(笑)
そうやね(笑)
熊五朗
熊五朗
立花
立花
あんばらは、最初からデザイン力もあったんだけど、公演を重ねるたび磨きかかっていってさ。
へぇ~。
熊五朗
熊五朗
立花
立花
『Re:ALICE』(2019年度新入生歓迎公演)の時は飛び出すカウントダウンとか作ってて。
あー!あれ作ったんだ。
熊五朗
熊五朗
立花
立花
そう!だからもう、すごいですねという感じ。偉大渓谷潜は・・・俺と似たような感じね(笑)
(笑)。まぁ、似てるね。
熊五朗
熊五朗
立花
立花
なんか彼はね、自分の力でやれる宣伝はすごい。うん、ガッツがすごいのよ(笑)
そうなんや(笑)
熊五朗
熊五朗
立花
立花
うん、みんなすごいから、期待しててほしいね。照明班の後輩は?
元々ミッキー最高は優秀でね。ピルグリム(2018年度新歓公演)では既に片腕として動いてくれてた。初小春はなんかね、なんとなく照明班ってさドライな感じなんだけど、ビジネス的な(笑)
熊五朗
熊五朗
立花
立花
確かにそれはそうな(笑)
でも彼女がいると空気が変わるというか。んでガスターの時に入ってくれた結月燈と灼牡丹は2人とも優秀なんだよなぁ。あの子たちは『ファンタジア』で特に成長したなぁって思う。うん。ちょっと成長しすぎてる(笑)
熊五朗
熊五朗
立花
立花
ええやん(笑)
編集部
編集部
その優秀な後輩たちに対してお二人は「負けたくない」という気持ちなのか、それとも「共に作っていこう」と思っているのか。どちらのほうが近いですか?
んー、チーフとしてと個人としてで違うなぁ。照明のプランに関しては競争的なこともあるし、自分の言葉とか発想で価値観を広げてあげれたらいいなっていうのもあるし。難しいなぁ。
熊五朗
熊五朗
立花
立花
へぇ~。俺は負けたくない気持ちはあるんやけど、ただ・・・奴ら強すぎるねんな(笑)
わかる(笑)。俺を超えてほしいと思ってるんだけど、あれ?強っ!て時がある(笑)
熊五朗
熊五朗
立花
立花
そうよな(笑)。だから俺はね、体質としてサポートのほうが得意やから、後輩のやりたいことに一緒になって、ズレていってるようやったら修正もしつつ、向かっていけたらなぁと思ってる。
へぇ~。成長してるよなぁみんな。だからそのみんなのことを利用して、よりよいプランにしていきたいな。
熊五朗
熊五朗
立花
立花
そうね。
利用してっていったら言葉悪いけど(笑)
熊五朗
熊五朗
立花
立花
そうね(笑)
編集部
編集部
後輩と共にどんなものを作ってくれるのか、こちらも楽しみです。ありがとうございました!
次回は9/9更新予定。
『ガーネットオペラ』に役者として参加した浪駆音白飛と小鳥遊透の対談をお送りします。