皆さんこんにちは! 今年も暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
劇団月光斜では、夏休み企画といたしまして卒業公演(10/24~26)に向けて、卒団生である4回生の対談を実施します! 2016年度夏公演『ポラリス』から2018年度冬公演『四畳半神話大系』までを振り返ります。更新は週に2度、月曜日と木曜日を予定しておりますので是非お楽しみください。

卒業公演直前・4回生対談企画

第3弾は2016年度冬公演『遠ざかるネバーランド』です。
話をしてくれるのは、迷子達を演じた湊月色とのぶなが、
そして舞台班を務めたカンノ桜空です。
冬公演は、先頭に立って1年間劇団を率いてきた3回生が引退する公演です。1回生として先輩達の引退公演に出演した湊月色とのぶなが、そして、この公演から入団したカンノ桜空が、公演の思い出について語ってくれました。

湊月色(みなづきしき)
音響効果班4回生。
『ポラリス』で入団。『遠ざかるネバーランド』で音響効果チーフ、ルフィオ役を務める。また、他の出演作品には『ポラリス』アルルッカ役や『笑われガスター』ティファニー役など。
カンノ桜空(かんのそら)
舞台班4回生。
『遠ざかるネバーランド』で入団。同作品で舞台班を務める。他には『僕のポケットは星でいっぱい』で舞台班を務めた。
のぶなが
衣装小道具班4回生。
『ポラリス』で入団。『遠ざかるネバーランド』で衣装小道具班、トゥートルズ役を務める。また、他の出演作品には『ダブリンの鐘つきカビ人間』聡役がある。

『遠ざかるネバーランド』あらすじ
子どもは誰でも大きくなる
たった1人、ただ1人の少年を除いて

親に忘れられた迷子達が 泳ぎの苦手な人魚が
芸術を愛するインディアンが 誰もが怖がる海賊が
みんなが彼の影を追う

そこに辿りついた少女もまた──

「さあ、みんなで一緒に空を飛ぼう!」

編集部
編集部
まずは、役者を務めた湊月色とのぶながに質問です。ネバーランドで生活する迷子の子ども達という役柄でしたが、どのように役作りをしましたか?
のぶなが
のぶなが
迷子の役は同じ1回生でもう1人いたんだけど、3人で一緒に過ごした過去の設定を作ってたよね。秘密基地があって、それぞれどんな性格で、みたいな。
やってたねぇ。いつ出会って、何歳でどうなって、みたいな話もしたっけ。
湊月
湊月
のぶなが
のぶなが
うん。でもさ、あの世界観が特殊すぎて。作ったけど、これでいいのか?って思った(笑)
解釈が色々できる物語だったね。
カンノ
カンノ
のぶなが
のぶなが
うん。あの時さ、役者も大変だったし、スタッフ作業も大変だった。
だよね。迷子3人組みんな1回生で、そのうち2人は役者初めてだったし、私も3回目で。私とエコー役の子はそれぞれ音響効果チーフと舞台チーフ、のぶながは大きな役割を任され始めてたじゃん。
湊月
湊月
のぶなが
のぶなが
うんうん。
割とスタッフ部署もいっぱいいっぱいで。役者の方は3人で1チームだけど、そこに先輩がいないわけで。でも3人で頑張って、みたいな。
湊月
湊月
のぶなが
のぶなが
先輩が忙しいのもあって「3人で頑張って」って言って、よくいなくなっちゃう(笑)
一番大変だったけど、個人的に一番頑張れた公演ではある。終わってからは反省ばかりだったけど、だからこそ、次のプロデュース公演『猫と針』で、ここはこうしよう、ああしよう、ってできるようになった気がする。こ、個人的には…。
湊月
湊月
個人的には(笑)大変だからこそ、頑張って成長できたんだね。
カンノ
カンノ
先輩がどう役作りしてるとか、今まで共演して間近で見ることがなかったから。ポラリスの「おんぶにだっこ」(『ポラリス』の対談参照)に比べると、結構教育方針が変わったね(笑)。
湊月
湊月
のぶなが
のぶなが
う〜ん。俺は役者もスタッフも精一杯で、全然周り見えてなかったなぁ。
月光斜の役者は、みんながスタッフ作業と両立しててすごいよね。演じてみてどうだった?
カンノ
カンノ
のぶなが
のぶなが
演じてて難しかったのは、先輩が演じたドンキーっていう海賊に「トンコツ!」って呼んで悪口言うんだけど、演出から「悪口に聞こえない」って言われて。
あと、迷子3人組で言われ続けたのが「もっとテンション上げて」。「え?!これ以上…?!19歳にはもう厳しいものがある…!!」ってヒィヒィ言いながらやってた(笑)
湊月
湊月
のぶなが
のぶなが
しんどかった。息切れした…
自分と全然違う年齢の役は、難しそうだね。子供は元気いっぱいだもんね!
カンノ
カンノ
だからテンション上げる為に、3人で「わーっ!!」て叫んだり、登場する前に舞台袖で「頑張るぞ!」って気合入れてた(笑)
湊月
湊月
そんなことやってたんだ。かわいい(笑)
カンノ
カンノ
のぶなが
のぶなが
あと、オープニングダンスが5拍子だった。
音効班がオープニングに難しい曲を持ってきたんだよね。まさかの5拍子(笑)ファンタジー風の曲になる予定だったのが、どこかの民族風の曲になって、それに合わせてビラや衣装もデザイン変更して。振付班も5拍子は初めてだって言って、カウントじゃなくて歌ってたね。
湊月
湊月
のぶなが
のぶなが
リズム取るの難しかった。もう踊れねーや(笑)
「ターララーラーラで、こう!!」「デッッデッデッデッで、こう!!」「わ、わかりました!」みたいな教え方だったね(笑)
湊月
湊月
のぶなが
のぶなが
あのダンスはかなり苦労したなぁ。めちゃくちゃ練習した。物語の要素も込められてるから、ニュアンスも大事だったしね。
うん、本当大変だった(笑)。そういえば、カンノはこの公演から入団したよね。きっかけはなんだったの?
湊月
湊月
新歓公演を友達に誘われて観に行ったこと。その時にすごいなーと思ったけど、入らなくて。夏休み遊びまくって、大学生活で何にも打ちこめてないなって思った時に、月光斜の人たちは打ち込めるものを持っててすごいなーって思い出したから!
カンノ
カンノ
のぶなが
のぶなが
そうなんだ。やっぱり『ゆめゆめこのじ』(2016年度新歓公演)すごかったよね(笑)入団して、舞台班で活動してみてどうだった?
最初は、力も全然ない自分にできるのか不安だったし、体力的にも大変だったけど、その分すごい達成感のある部署だなと思った!
カンノ
カンノ
舞台班は体力いるイメージだね。もちろん華奢な女の子もいるけど。
湊月
湊月
舞台班で役者やらずにスタッフしたのが私だけだったから、作業場で誰もいない時が寂しかった。
カンノ
カンノ
のぶなが
のぶなが
初めてでスタッフ1人は心細いな。
あと、釘打ってる時に顔面打ったり、作業場で転んだり、いつもどこかに痣があった(笑)
カンノ
カンノ
それは痛い…舞台班はタフだよね…。
湊月
湊月
でも、自分が作ったものを、公演中に見たときは感動もあったし、嬉しかった!友達がいっぱい来てくれて、良かったよーって言ってくれたり。単純にサークルに忙しい日々ってのも、大変だけど楽しかった。
カンノ
カンノ
のぶなが
のぶなが
月光斜のある生活は大変なことも多いけど、楽しめたならよかったね。
月光斜に入って一番思ったのは、他のサークルにはない本気さがあるなってことかな。舞台以外の部署がどんなことしてるか知らなかったけど、完成したものを見たとき、尊敬でいっぱいだった(笑)
カンノ
カンノ
本気さ、か。わかるなぁ。
湊月
湊月
編集部
編集部
色々な部署の本気が組み合わさって、公演が出来上がっていくんですね。ところで冬公演といえば、2つ上の先輩である当時の3回生の引退公演ですね。先輩とのエピソードは何かありますか?
実際に作り始めるまで、先輩が毎日つきっきりで、作業の仕方を教えてくれた。授業の合間に、何本も木切ったりして練習してたのを、毎回隣で教えてもらってたのをすごい覚えてる。
カンノ
カンノ
いい先輩だね。
湊月
湊月
舞台班の先輩はみんな、いい意味で変な人が多くて、作業場はずっと面白かった!
カンノ
カンノ
のぶなが
のぶなが
作業場はだいたい賑やかで楽しそうだよね(笑)
初めてでできないことも多くて迷惑かけてるかなとずっと思ってたから、公演終わってから舞台班の先輩に頑張ってたって褒めてもらえたのは、すごく嬉しかった。
カンノ
カンノ
私はやっぱり3回生と共演できたことかな。ルフィオが死んじゃう直前の場面で、舞台中央からピーターパンに続いてルフィオが一緒に出てくるのね。
湊月
湊月
のぶなが
のぶなが
そういやそんなシーンあったな。
で、千秋楽ステージのそのシーンでふと顔を上げたら、はけ口から漏れ出る照明で、前にいるピーターパン(当時の3回生)の背中が照らし出されてるの。逆光みたいになってて「はぁっ…!」てなって。
湊月
湊月
ふふふ。
カンノ
カンノ
冬公演で引退だから、3回生はもう帰ってこないかもしれない訳じゃん。その先輩が現役生として最後の公演で。
湊月
湊月
のぶなが
のぶなが
あ〜〜。
『ゆめゆめこのじ』で、あんなにかっこよかった先輩の背中を今見てる…!って。もう二度と見られない。千秋楽だし、ルフィオその後死んじゃうし。
湊月
湊月
めっちゃ感動するね。
カンノ
カンノ
もう一生見ることがないって悲しみと、この背中を私だけ見てるんだって喜びと。何かもうすごい感情だったよ。もう泣きそうでしたね〜。泣かないように頑張ったけど(笑)いやぁ〜〜かっこよかった〜〜。
湊月
湊月
のぶなが
のぶなが
俺も新歓公演を観て3回生の先輩に憧れて入団したんだけど、その人と『ネバーランド』で最初で最後に共演して。しかも同じシーンに出られて、もうそれで嬉しかったからさ。
しかもけっこう重要なシーンだったよね。
湊月
湊月
のぶなが
のぶなが
ピーターパン役とフック船長役の先輩の組み合わせが好きで。その2人とどっちも関係ある役をやれたから。千秋楽の前の円陣組む時に泣いてたもん。先輩と握手しただけで。
あ〜〜〜わかる。ボロッボロだったね(笑)
湊月
湊月
のぶなが
のぶなが
やっぱり、冬公演は3回生の引退公演だから。俺らが1回生で入団した時に、一番お世話になった先輩方だから。
入団のきっかけになった先輩も多いよね。『ゆめゆめこのじ』と『ネバーランド』でどっちも良い役を演じて、引退していく先輩も多かった。その人達と共演できたっていうのは同期からも羨ましいって言われたりする(笑)
湊月
湊月
すごく先輩に憧れてたんだね。共演できてよかった!
カンノ
カンノ
編集部
編集部
当時1回生だった3人の頑張りや、先輩への憧れ、そして達成感が伝わってきました。本日はありがとうございました!
第4弾は8/19更新予定。
2016年度プロデュース公演『猫と針』に出演したおしず。と、スタッフとして貢献した斑目熊五朗の対談をお届けします。