皆さんこんにちは! 今年も暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
劇団月光斜では、夏休み企画といたしまして卒業公演(10/24~26)に向けて、卒団生である4回生の対談を実施します! 2016年度夏公演『ポラリス』から2018年度冬公演『四畳半神話大系』までを振り返ります。更新は週に2度、月曜日と木曜日を予定しておりますので是非お楽しみください。

卒業公演直前・4回生対談企画
第6弾は2017年度夏公演『僕のポケットは星でいっぱい』です。
今回は主人公ヒデトシ役を務めた水城陽と、ヒデトシの姉・スギエを演じた亀田るーぺに直撃インタビューしました。

2回生になり、初めて出来た後輩と作る公演。期待と不安と緊張の中、挑んだ公演でもありました。役者経験が当時まだ少なかった2人は、どのように主人公とその姉という大役を務めたのでしょうか?当時のまま、和気藹々と話してくれました!

亀田るーぺ(かめだるーぺ)
衣装小道具班4回生。
『ポラリス』にて入団。『笑われガスター』のベルサーチ役や『四畳半神話大系』の老婆役など、様々な舞台で役者を務める。
水城陽(みずきよう)
情報宣伝部・Web班4回生。
『僕のポケットは星でいっぱい』にて入団。ヒデトシ役を務め、その後は『ガーネットオペラ』や『四畳半神話大系』など数多くの公演を支えた。

『僕のポケットは星でいっぱい』あらすじ
──母さんは宇宙より大切なんだ。

民間人のタイムトラベルが禁止された時代。
“ナカタヒデトシ”と名乗る少年は、
ある想いを胸に16年後の未来へ向かった。

歴史改変を防ぐため、時間管理局が彼を追う。
そこへ現れた青年・柿本カシオ、
警戒するヒデトシに、彼は微笑み手を差し伸べた。
「ようこそ、2035年へ。」

編集部
編集部
水城さんは、この公演が初参加で初役者、そして初主演でしたね。
しかも男の子役!
亀田
亀田
水城
水城
いや本当に。胃が痛かった(笑)
そばで見てても大変そうだったもん(笑)
亀田
亀田
水城
水城
男の子役は特に抵抗なかったんだけど、小学6年生っていうのがネックだったなあ……。
思春期入るかな、ってくらいの年頃くらいって難しいよねー
亀田
亀田
水城
水城
中学入る寸前ってことは、ちょっとは思慮もあるのかなと思って稽古でやったら「大人すぎる」って言われ、逆にテンション上げてやったら「子どもすぎる」と言われ……(笑)
うわ-、それは大変だ(笑) 何か参考にしたことある?
亀田
亀田
水城
水城
当時小学6年生だった子役の子の演技を見た。
あー、なるほど
亀田
亀田
水城
水城
でも、子役の子は、実年齢より低い役を演じることが多くて、そのまま参考にするわけにはいかなくて……
どうしたの?
亀田
亀田
水城
水城
「ここは使えるな」っていうところを少しずつ抽出していって、自分の演技とか経験を交えながら、探り探りやっていって……。それでできたのが、あのひねくれ少年です(笑)
お母さんが大好きな、素直になれないひねくれ少年でしたね(笑) いいひねくれ方だったー
亀田
亀田
水城
水城
ほんとー?そう受け取ってもらえたならよかった!
編集部
編集部
亀田さんは、スギエをやるうえで大変だったことはありますか?
クリコ(スギエの妹)との関係性かなあ……。
亀田
亀田
水城
水城
え、でも、今すごく仲いいじゃん?
そう。でも当時はクリコ役の子が1回生で。スギエの暴走をクリコが突っ込んで止めるっていう関係性だったんだけど、どうしても遠慮がちだったのね。
亀田
亀田
水城
水城
あー、わかるなあ(笑)
どうすればいいのかなあと思って、「そうだ、日常からそういう関係性になろう!」と思って、毎日毎日クリコにちょっかいを出すようになった(笑)
亀田
亀田
水城
水城
ミーティングとか作業場でも、ずっとちょっかいかけてたよね(笑)
そうそう(笑) そうしているうちに、「もーお姉ちゃん!」って突っ込む手の勢いがどんどん強くなってきて
亀田
亀田
水城
水城
役の関係性にどんどん近づいてきたんだ
そうそう。本当の妹みたいで、今でも「クリコ」としか呼べないの(笑)
亀田
亀田
水城
水城
あ、そうだ思い出した。私、この公演すごくるーぺに助けられたの
え、わたし!?
亀田
亀田
水城
水城
参考資料とか教えてくれたり。
あー!たまたま「親を亡くした時の心境」についての講義を受けた時だ
亀田
亀田
水城
水城
そう。そのレジュメを見せてくれたりして
聞いた瞬間「これ今公演じゃん!ヒデトシじゃん!!」ってなったから(笑)
亀田
亀田
水城
水城
あと、月光斜での役詰めの仕方とか教えてくれたり
でも、私も2公演目だったから、すごい手探りだったよ
亀田
亀田
水城
水城
そうか。ポラリス以来か
そうそう。ポラリスは先輩におんぶにだっこだったから……
亀田
亀田
水城
水城
どうやって役詰めしたの?
ノートに書くようにした。スギエの仕事とかプライベートのこととか。あと、トレーニングの時に気付いたこと、先輩に言われたこと、なんでも、今も書き溜めてて。
亀田
亀田
水城
水城
すごい。財産だね
うん。宝物
亀田
亀田
編集部
編集部
お二人はこの公演で一番楽しかったことや印象に残っていることなどはありますか?
……はじけた(笑)
亀田
亀田
水城
水城
はじけたのか(笑)
スギエさん、すごくハッピーで家庭的な人だから、すごいはっちゃけることができて
亀田
亀田
水城
水城
すごい楽しそうだったもんね(笑)
新婚さんだったから、旦那さんをリアルに考えようと思って、当時好きだった俳優さんとの思いで作ったりした
亀田
亀田
水城
水城
楽しそうー!
楽しかった(笑)あの時はスギエさん視点になってて、世界がハッピーだった
亀田
亀田
水城
水城
老婆(四畳半神話大系)もすごく楽しそうだったけどね(笑)
あれも楽しかった(笑)
亀田
亀田
水城
水城
この公演以降、亀田はいろんな役をやるけど、はっちゃけのスタートはスギエなんだ
そうそう。ネタとか入れ始めたのもここから(笑)
亀田
亀田
編集部
編集部
水城さんはなにかありますか?
水城
水城
やっぱり最後のシーンかなあ
なんで?
亀田
亀田
水城
水城
ヒデトシはずっとお母さんの事とかを抱え込んじゃってるせいで、立ち止まってしまってたのね。でも母親の未来の姿を見て、未来へ進む決意をするわけ
なるほど
亀田
亀田
水城
水城
決意した瞬間、押さえてたものを開放して、本来のはきはきしたヒデトシに戻るの。その瞬間がとても好きだったなあ
最後きらきらしてたもんなあ。かわいかったー!
亀田
亀田
水城
水城
ヒデトシの衣装がなかなか見つからなかったよね(笑)
そうそう!ちょうどいいのがなかなかなくて……
亀田
亀田
水城
水城
ヒデトシのズボンは私の自前だし
そうだったそうだった(笑) 陽が履いてるのを見て「あのさ…それさ…衣装に使えたりする?」って
亀田
亀田
水城
水城
あれはびっくりしたなー(笑)
衣装とか小道具に困ったら、私物から探したり、作ったりするから
亀田
亀田
水城
水城
望遠鏡も作ってたよね?
そうそう。お菓子の空き箱で。もう工作です(笑)
亀田
亀田
水城
水城
無心でお菓子食べてるから「何食べてるの?」って聞いたら「望遠鏡」って言われて、「望遠鏡!?」ってなった(笑)
本物の望遠鏡の写真見ながら、どうやったら望遠鏡に見えるだろうって試行錯誤したなあ
亀田
亀田
水城
水城
でも、持つ側は怖かった(笑)
軽かったからね。ちゃんと持たないと揺れちゃって。三脚は本物のカメラの三脚だったんだけど
亀田
亀田
水城
水城
だから、持ち運ぶシーンは、慎重に運んでた。
途中で望遠鏡落ちたら、大事故だからね(笑)
そういえば、その望遠鏡が出る、ヒデトシを説得するシーンがすごく難しかったんだー
亀田
亀田
水城
水城
星空の照明で、優しい曲が流れてたところだよね
保育士であるスギエが、子どものヒデトシを説得するっていうのが、どうしても難しくて
亀田
亀田
水城
水城
普通の大人じゃなくて、保育士だもんね。保育士だからこそのいい方とかあるだろうしね
編集部
編集部
どうやって説得できるようになったんですか?
先にそのシーンの曲が決まってたから、帰り道ずっと聞いてた
亀田
亀田
水城
水城
え、めっちゃ家遠いよね?
そう。1時間半位の道のりの間ずっと聞いてた。人気のない道ではセリフつぶやきながら(笑)
亀田
亀田
水城
水城
すれ違ったら怖いなー(笑)
5分くらいの曲とセリフを永遠リピート。夜空を眺めながらやってたなあ
亀田
亀田
水城
水城
そろそろカシオペア座が見えるから、もっと感慨深いね
そうなの!懐かしいなあ
亀田
亀田
編集部
編集部
最後に、この公演を一言でお願いします!
「ザ・夏公演」かなあ
亀田
亀田
水城
水城
というと?
練習できるのが1か月しかないっていう短い時間で、あそこまで盛り上がって、楽しめる公演はそうそうないと思うなあ。
亀田
亀田
水城
水城
なるほど。雰囲気も含めてね。演出のまとめる力もすごかったもんね
あと、月光斜を本当の意味で楽しめるようになったなあ。今までは、先輩に言われる通りにしか動けなかったんだけど、このころからようやく、自分に何ができるのか、何ができないのかが分かって、周りを見る余裕も出てきたから
亀田
亀田
編集部
編集部
水城さんはどうですか?
水城
水城
終始「忘れるもんか!」って思いながらやってた公演かな。
どういう意味?
亀田
亀田
水城
水城
この公演の後、1年間の留学に行くことが決まってたから、ブランクができることはわかってたのね。だから、ここで教わったことを1つでも忘れてたまるか!っていう気力でやってたなあ。教わってないことも見て覚えてやる!って
すごい気迫
亀田
亀田
水城
水城
鬼気迫ってたね(笑) その中で主人公に選ばれるっていうのは、衝撃だったなあ。
大変なこともたくさんあったけど、すごく楽しかった公演だった
亀田
亀田
水城
水城
オープニングダンス、みんなまだ踊れるもんね(笑)
編集部
編集部
それぞれに思い出深い公演なんですね。様々なお話ありがとうございました!
次回更新は8/29です。
2018年度冬公演「黒いハンカチーフ」の裏側を、スタッフで参加した、音響効果班のおしず。と、制作部の柿原律に語り尽くしてもらいます!