映像班とは何なのか。
どういった部署なのか。
今公演ではどういった活躍を見せているのか。
気になることをお教えしましょう。
今公演のメンバーは、四回生二人、三回生一人、二回生一人で参加しています。

では、映像班について詳しく見ていきましょう。

第一に、映像班とは非常に珍しい部署なのです。それはなぜか。

答えは、「必要な時に召集される」からです。

どういうことかというと、映像班は「基本七部署」の中には入っておらず、公演内で「映像で舞台効果表現や広報を行いたいな」と演出が思えば、立ち上げられる部署なんです。
つまり、精鋭部隊みたいなもんですね。
かっこいいでしょう? 
メンバーは毎回変わりますけど。

そして、今回の公演は「映像公演」ということで招集されたわけです。

今公演の活動内容としては、ザックリ言うと、「映像を使う部分全部」。
本番の映像編集も行いますしね!

そのあたりは個人的に非常にうれしいところです。仕事が大分役に立っている実感があります。

まあ、つまりは、本番を見ていただければ仕事内容がほぼすべて分かるってことです。
皆さん、ぜひ本編をご覧ください!!!!